home事務所紹介相談・見積もり・依頼報酬(費用)リンク集サイトマップ
宇野澤事務所(土地家屋調査士・行政書士・測量士)
土地家屋調査士の業務(区分建物の登記)
業務サービスエリア
千葉県
銚子市、旭市、香取市、匝瑳市、成田市、東金市、山武市、東庄町、横芝光町、多古町、芝山町、九十九里町、大網白里町、白子町、神崎町
茨城県
神栖市、鹿嶋市、潮来市、行方市、稲敷市、鉾田市、阿見町、河内町、利根町
区分建物表題登記、区分建物表題変更登記、区分建物滅失登記は、不動産登記法により所有者は1カ月以内に登記の申請をしなければなりません。  この登記を怠った者は10万円以下の過料に処せられます。 
この業務は土地家屋調査士が代理して行います。                                 相談・見積もり
区分建物表題登記 分譲マンションなどの集合住宅を新築してそれぞれ区分所有する場合
区分建物表題変更登記 分譲マンションの種類・構造・床面積などが変更された場合
一棟の建物の地番区域が変更された場合
敷地権の目的たる土地を分筆した場合
規約敷地を定める規約設定により敷地権が生じた場合
規約敷地の敷地権が分離処分可能規約の設定により敷地権でなくなった場合
区分建物分割登記 登記簿上一個の区分建物(主たる建物+附属建物)から附属建物を主たる建物に変更する場合
区分建物区分登記 分譲マンションの専有部分(区分建物)からさらに別々の建物(区分建物)とする場合(登記簿を別々にする場合)
区分建物合併登記 分譲マンションの複数の接続している専有部分(区分建物)を一つの建物(区分建物)とする場合(登記簿を一つにする場合)
区分建物合体登記 分譲マンションの専有部分(区分建物)と専有部分(区分建物)の間の壁を除去して、物理的に一つの専有部分(区分建物)となった場合(未登記建物と未登記建物の場合を除く)
区分建物滅失登記 分譲マンションの専有部分(区分建物)を取毀した場合
分譲マンションの専有部分(区分建物)が焼失した場合
共用部分たる旨の登記 分譲マンションの各専有部分所有者の共用部分(集会所等)とする時、共用部分の規約を廃止した場合
団地共用部分たる旨の登記 別棟の団地共用建物を新築し規約を設定した場合
団地共用部分の規約を廃止した場合
宇野澤事務所(土地家屋調査士・行政書士・測量士)