home事務所紹介ご相談・お見積り報酬(費用)リンク集サイトマップ
 境界トラブル解決法(詳細解説)     戻る                               
 境界とは? 公図と法14条地図とは?  境界紛争の原因 境界紛争の予防 境界紛争の解決法
(文章が長いですが大変参考になります。是非一読下さい)
境界とは?
 
境界とは「一筆ごとの土地の地番境」と「所有権の及ぶ範囲の土地の境」とに分かれます。
 前者の一筆ごとの土地の地番境を「公法上の境界」といい、隣接する各筆の境という意味からこの境界を「筆界」(ひっかい)と言っています。これに対して後者の所有権の及ぶ範囲の土地の境を「所有権界」といい、所有権の範囲を意味しています。また、一筆の土地に数軒の借家がある場合などは、その借家ごとの「占有権の及ぶ範囲」いわゆる占有している範囲ということで「占有界」と使用する場合もあります。
 このように、単に境界と言っても数種あり、不動産登記法上の扱う境界は「公法上の境界」=「筆界」を意味しています。
 「公法上の境界」=「筆界」についてもう少し解説します。
 わが国は、人為的に区分した1個の土地を「一筆」と呼び、法務局に不動産登記法により一筆の土地ごとに登記用紙(登記記録)が備えられ、土地の所在、地番、地目、地積などの土地の表題に関する情報、土地の権利に関する情報(所有者情報、担保権情報、その他の権利に関する情報)が登記され公示されています。この一筆ごとの土地の境は国(法務局の登記官)によって設定されているため、「公法上の境界」あるいは「筆界」と呼ばれています。
また、判例で「境界とは異筆の土地の間の境界である」とし、「土地の経界は公法上のものであり、関係当事者の合意で左右することのできない性質のものである。」とし、「公法上の境界」であるとしています。この境界を変更するには、「分筆登記」、「合筆登記」という形成的(創設的)な行政処分を行わなけらばならず、公的性格を有しているとも言えます。

公図と法14条地図とは?
公図とは
土地に対する税金(地租)のための課税台帳であった土地台帳(明治22年に土地台帳規則制定)の旧土地台帳附属地図のことであり、明治時代の地租改正当時から作成されてきたので、和紙(美濃紙)できているものが多く、水路・道路・畦畔(けいはん)などには着色されている。その後不動産登記法の改正(昭和35年)までの間、耕地整理、土地改良、土地区画整理等による成果品や、国土調査による地籍図も旧土地台帳附属地図として登記所に備えつけられ、これらを含めた旧土地台帳附属地図のことを一般に公図と称している。
 最近では、法務局で和紙から耐久性のあるポリエステルフィルムへ再製(マイラー化)を進め、さらに地図管理システムの導入により、この公図も電子データ化(CAD化)し、プリンターから出力して作成することが出来る状況になるつつあります。
 この公図(旧土地台帳附属地図)の保管の沿革は、明治期の「府県庁・市町村」→「郡役所・市町村」→「税務署・市町村」から
昭和35年の土地台帳法廃止、不動産登記法改正により「法務局・市町村」の役所に保管されてきたものであり、そのことから公図と呼ばれてきました。

法14条地図とは
現在、不動産登記法により不動産(土地・建物等)については登記制度がとられ、登記簿には不動産の現況が正確に表示され、権利関係を公示しています。その土地登記簿のほかに登記所(法務局)に地図を備えること(不動産登記法第14条)、地図は一筆又は数筆ごとに作成し、各筆の区画及び地番を明らかにするものであること(不動産登記法第14条第2項)を規定しています。これが
「法14条地図」といわれるものです。なお、この法14地図の作製をするための測量は、基本三角点等(国家基準点等)を基礎として、一定の精度を保持するものとし、また平面直角座標系の番号又は記号、基本三角点等による土地の位置関係及び精度区分等を表示すべきものとして、地球上の位置関係が明確である基本三角点等の国家基準点に結びついた測量の成果に基づいて作製されたものあることが明定された。ようするに、その法14条地図により確実に現地復元が可能であり、且つ各筆の区画及び地番が明らかな図面ということです。

公図と法14条地図の違い
公図と法14条地図も登記所(法務局)に備えられています
が、不動産登記法では公図のかわりに新たに法14条地図を備えつけることとしていますが、実際は登記所の予算・人員等の関係で、法14条地図の作製はほとんど進んでいない状況で、公図は、法14条地図が作成されるまでの間、暫定的に「法14条地図に準ずる図面」ととして、現在も登記所に備えつけられ、従来どうりの取り扱いをされています。
精度的には、
公図は各筆の長さ及び区画を明確に表示するものは無く、法14条地図は各筆の長さ及び位置ならびに区画を明確に表示されているものと言えます。

境界紛争の原因
 不動産の表示に関する登記は、所在・地番・地目・地積が登記されているだけであり、土地の位置、境界が明確にされていない(公図)、よって、法14条地図により区画、地番を明確にすることが最適な方法であるが、まだ、そこまで完全に整備されていないのが状況であり、現在の登記制度の欠陥として権利の登記(所有者の情報等)はなされていても、その所有者さえ、土地の所在はわかってても、その境界が明らかでないものがほとんどである。また時として自分の土地がどこにあるのか(所在不明)さえある状況が見受けられる。今の現状は土地が不明なところに権利は保全されることから、境界紛争の原因が生ずるのである。
 また、コンクリート製境界標等により現地に一旦保全された境界でも、自然的外部要因、その他物理的または人為的条件により、長い年月の間、いつの間にか変動、喪失することがあり、境界が不明のため境界紛争を引き起こす原因となっている


境界紛争の予防
 土地の各筆ごとの境界を明示した所有者の実測図を作製し、関係土地所有者と立会い・確認後、確認印を押印し、各所有者が所持することである。但しその実測図は土地家屋調査士の記名押印のある正規な図面であることを要し、かつ現地復元性(基準点となるべき不動性のあるコンクリート擁壁の角、マンホール等からの筆界点の位置を明らかにする)を持たせ、且つ各筆の界点間の距離等が明記されている図面であることが必要である。

 上記の実測図に即応した各筆界点の位置を現地上に正確に不動性の境界標等(コンクリート製杭)により明示すること。できれば筆界点にとどまらず、筆界線も不動性の堅個なコンクリート製のも等で明示することが望ましい。

 自宅以外の土地はなかなか管理が行き届かないので、できるだけ常日頃看視するよう心がけるとともに、隣地居住者等に管理を依頼することが肝要である。

 境界標識等が天災、人災等により、滅失または毀損あるいは移動したりした場合には、直ちに隣地所有者と確認の上、元の状態に復元することである。

 土地を売買する場合は、前記 1の実測図を新所有者に権利証といっしょに渡すことである。この場合、旧所有者の記名押印欄の隣に新所有者が記名押印するものとし、隣接関係所有者にはこの実測図を複写して送付等により、所有者が変わった旨を明らかにすると万全である。

境界紛争の解決法    
1 公法上の境界の解決法
(1)境界鑑定(土地家屋調査士等)の専門家に依頼

 境界紛争の原因が不法占有などの悪質なものでなく、境界標などの境界が明認できるものが当初から無く、単に境界不明の場合、土地家屋調査士の専門家に依頼して適正な境界線を査定して貰う

(2)筆界特定制度を利用して解決
平成17年4月6日、国会において、不動産登記法等の一部改正する法律が成立し、同年13日公布された制度です。
この制度は、平成18年1月20日スタートし、法務局の筆界特定登記官が、土地の所有権の登記名義人等の申請により、申請人等に意見及び資料を提出する機会を与えた上、外部専門家である筆界調査委員の意見を踏まえて、筆界の現地における位置を特定する制度です。この申請の代理人として土地家屋調査士が行う事が出来ます。

(3)筆界確定訴訟(境界確定訴訟)による解決

「筆界確定訴訟」は公法上の境界(地番を付された一筆の土地とこれに隣接する他の地番を付された一筆の地番とを区画する線)が、不分明な場合に、これを解決するたの訴訟です。
公法上の境界は、私人である紛争当事者の意思によって左右できない性質を持ち、私人間の権利をめぐる紛争を解決するための民事訴訟手続は適用されません。
すなわち、裁判所は、当事者が主張する境界線に拘束されず、証拠上、客観的な境界の発見ができなくても、必ず境界を確定しなけらばなりません。
また、所有権の範囲についての和解は有効ですが、この境界(公法上の境界)を裁判上の和解として、この合意により境界が移動することはありません。
そこで、境界紛争の場合、そこの本来の境界(筆界)と所有権の範囲の境界の2つが混在することになるにで、注意しなればならない。

2 所有権界の争い解決
(1)話し合いによる解決

所有権の範囲に関する争うは、お互いの話し合いによって、お互いの誤解や無理解が解消され円満に争いが解決することが最も望ましいが、話し合う余地が無くなり、全く第三者のによる仲介もできない状態に至った場合には、民事の調停制度を利用すべきである。
(2)民事の調停制度による解決
 簡易裁判所に土地所有権の範囲の確認を求めるための調停申し立てする制度です。
この制度は、裁判と違って、必ずしも代理人の選任は不要であり、費用もごく小額(係争地の固定資産税の評価額に対応した一定割合いによる金額を収入印紙で納付)ですみ、裁判と違って長期化することはありません。
なお、公法上の境界については、私人間で筆界を処分することは出来ませんから調停に基づいて筆界を確定することはできまん。
(3)ADR法による解決(裁判外の紛争解決手続き)
 裁判所が行う民事調停とは異なり、土地家屋調査士会が実施する境界不明に起因する紛争解決機関(境界問題相談(解決)センター)を利用する。この機関は境界の専門家である土地家屋調査士の知識経験と、法律の専門家である弁護士の知識を活用し、境界紛争を迅速、簡易に解決するものです。現在、千葉県土地家屋調査士会、愛知土地家屋調査士会、大阪土地家屋調査士会、東京土地家屋調査士会、福岡土地家屋調査士会、仙台土地家屋調査士会など平成18年10月現在、15の調査士会が開設しています。
(4)民事訴訟(所有権確認訴訟)による解決
 私法上の境界(自己の所有権の範囲を画する線)をはっきりさせる訴訟です。
通常一般の民事訴訟です。裁判所は、原告の主張する境界が証拠によって認められるか否かだけ判断し、それ以上は判断しません。
ですから、所有権確認訴訟を提起するなら、自分が主張する境界線が証拠によって裏付けられているか否かを十分に判断した上、訴訟提起しなければ目的を達成できない場合があります。
top


業務サービスエリア 
銚子市、旭市、香取市、匝瑳市、成田市、東金市、山武市、千葉市、船橋市、市川市、習志野市、八街市、佐倉市、茂原市、四街道市、冨里市、八千代市、市原市、東庄町、横芝光町、多古町、芝山町、酒々井町、九十九里町、大網白里町、神崎町、他千葉県内全域
神栖市、鹿嶋市、潮来市、行方市、稲敷市、鉾田市、水戸市、龍ヶ崎市、牛久市、土浦市、かすみがうら市、小美玉市、大洗町、茨城町、美浦村、阿見町、河内町、利根町、他茨城県全域
江戸川区、葛飾区、江東区、足立区、荒川区及びその近郊

home事務所紹介ご相談・お見積り報酬(費用)リンク集サイトマップ

土地家屋調査士宇野澤事務所/株式会社宇野澤測量コンサルタント
〒288-0048 千葉県銚子市双葉町1番地23東商ビル2F
  TEL 0479-20-5566  FAX 0479-20-5567
 
E-mail unozawa@html.tv
(C)2006- office unozawa. All Rights Reserved.
宇野澤事務所(土地家屋調査士・行政書士・測量士)